【P-79】 クランツ醸造所 2022年 プファルツ産 オーセロワ種 白 辛口

【P-79】
クランツ醸造所 2022年 プファルツ産
オーセロワ種 白 辛口

Weingut Kranz 2022er Pfalz Auxerrois VDP Gutswein trocken

オーセロワ・・・19世紀半ばまで中央ヨーロッパで最も重要な白ワイン品種であったホイニッシュとピノの自然発生的な交配品種とされています。実際ブルゴーニュやアルザスでは数世紀に渡りこのホイニッシュとピノ系品種が混植されており、この自然交配にも繋がっていると推測されます。フランスのユグノー派が迫害を逃れ、新たな地へこのブドウを植えたことで広がったとされ、現在ドイツではプファルツやバーデンを中心に、モーゼルやラインヘッセンでも栽培されております。周知の通りリースリングやジルヴァーナーといった代表的品種がつねに注目されるドイツではこのオーセロワの知名度と人気、重要度としても決して高いものではありません。しかし一度でもこのワインを口にしたらその魅力にあっという間に虜になることでしょう。特にクランツのような高品質ワインの作り手にかかったワインであったなら。

一般的にオーセロワはピノ・グリ(グラウブルグンダー)のような抑え目の酸味とボディ豊かでジューシーな飲み口、ピノ・ブラン(ヴァイスブルグンダー)を彷彿とさせるきめ細かいストラクチャ、青々しく、爽やかなアロマが特徴です。剪定したての庭木、懐かしい川の土手の匂い、優しく包み込むような香りから、何かの記憶とも結びつきそうな不思議な力を感じます。お食事は、川魚、白身魚のソテーに、クリームやバターのソースが良く合います。

アルコール度数:12.8%
残糖:2.3グラム/リットル
酸:5.7グラム/リットル
商品コード : P-79
製造元 : ドイツ
価格 : 3,960円(税込)
ポイント : 39
数量    残りあと11個