シュナイトマン醸造所

代々ぶどう栽培農家として歩んできた家業を現当主ライナー・シュナイトマン氏が受け継ぎ、ワイナリーとして独自の道を進むことを決意。しかしこの無名のワイナリーが、その後世界に名を轟かせる実力派として認知される存在になることは誰も知る由もありませんでした。醸造家ライナー・シュナイトマン氏を除いて・・・。

彼は一家が所有する畑のポテンシャルを見抜き最上質のワインが作れると確信。ワイン大学で醸造学を学び各国で修行したのち、確固たる自信と信念のもと1997年、父親から譲り受けた3ヘクタールの畑でシュナイトマン醸造所を立ち上げました(現在は27haほど)。そして当時最速で2006年にはVDP加盟が認められております。2013年に欧州BIO認定。

生産するワインはシュペートブルグンダーやリースリング(共に次回入荷予定)、そして産地を代表するレンベルガー、トロリンガーが中心です。その他ブルグンダー系、ソーヴィニヨン・ブランなども消費者から非常に人気があり、年を経るごとに品質の向上が認められています。

『アイヒェルマン誌5/5評価』『ファルスタッフ誌5/5評価』『ゴーミヨ誌4/5評価』『ヴィノム誌4/5評価』

など、どのワインガイドでも高評価を受ける類まれなワイナリーです。フェルバッハ村はドイツシュトゥットガルト郊外。2億5千万年以上前の三畳紀の地層により形成。

全5件