なんとなく いや確かにそして紛れもなく 淀み 重い空気感

その現実からひとときでも逃れたい思いに 流れる水が悠久の年月を掛けて生み出した渓谷に導かれる

深い谷間には風が吹き抜けるのが常だ
時としては暑さに和らぎを与える涼やかな 風

春の晴天 風は 優しく穏やかだ

望み通り しかしながら儚さを予感したその時

河の蛇行と共に現れる光景

一瞬 暗く人を寄せ付けぬかの如く聳え立つ錫色の見事な丘陵は 実は微かな輝きを放っている

冷たく硬い岩
その質感は神々しいほど滑らかで麗しい

触れた瞬間
その存在の内に秘めた本質に気付く

何事にも揺るぐ事のない
否応なく迫る
永遠かと思わせる
長く続く張り詰めた緊張感

垂れていた頭を上げ 背筋を伸ばし私達は再び歩き始める

【 Kaseler Nies’chen Im Steingarten Fass Nr. 15 Riesling ‘19  Erben von Beulwitz 】

モーゼル川の支流ルーヴァー渓谷に広がる、切り立った丘の斜面に広がる畑ニースヒェン。

シュタインガルテン(岩の庭園)の名の通り、4億年前に形成された決して肥沃ではない粘板岩土壌に植るリースリングから造られる白ワイン。

その厳しいストレスが故に生み出される、張り詰めた力強く長い余韻をお楽しみ下さい。

良いワインとは何かを具現化した逸品。お勧めです。

  • トップ
  • モーゼル産
  • 【T-M35】 田中浩史が飲るNo.5 エルベン・フォン・ボイルヴィッツ醸造所 2019年 モーゼル産 カーゼラー・ニースヒェン“シュタインガルテン” リースリング種 シュペートレーゼ 白 辛口

【T-M35】 田中浩史が飲るNo.5 エルベン・フォン・ボイルヴィッツ醸造所 2019年 モーゼル産 カーゼラー・ニースヒェン“シュタインガルテン” リースリング種 シュペートレーゼ 白 辛口

【T-M35】
エルベン・フォン・ボイルヴィッツ醸造所 2019年 モーゼル産
カーゼラー・ニースヒェン“シュタインガルテン” リースリング種 シュペートレーゼ 白 辛口


Weingut Erben von Beulwitz
2019er Mosel Kaseler Nies'chen "Im Steingarten" Riesling Sp&ätlese trocken

かつて「ニースヒェン」はさらに細分化された幾つかの区画の集合体でシュタインガルテンはそのうちの一つ。細やかなテロワールの表現を意識した作り手の思いが込められ、Steingarten/シュタインガルテン「石の庭」の意、と名付けられています。土壌に占める粘板岩の割合が非常に高いことに由来し、青色粘板岩などの割合が40〜60%占める風化粘板岩質土壌。海抜170〜240m。南南西向き。注意深く収穫し何度も選果。やさしく圧搾後、低い温度でゆっくりと発酵。

商品コード : T-M35
製造元 : ドイツ
価格 : 4,730円(税込)
ポイント : 47
数量    在庫あり